恋のひとこと
Somethin' Stupid

フランク・シナトラ(Frank Sinatra/1915-1998)

『Somethin' Stupid(Something Stupid)』は、1967年にリリースされたポップス。フランク・シナトラと娘ナンシー・シナトラのデュエットで人気を集めた。

同年のアメリカのシングルチャートで1位を獲得。父と娘のデュエット曲がチャート1位を獲得するのは極めて異例。

Greatest Hits ナンシー・シナトラ

2001年には、イギリスの男性歌手ロビー・ウィリアムズ(Robbie Williams)によりカバーされ、ヨーロッパを中心にヒットを記録した。

歌詞の内容は?チープなセリフで苦しむ男の苦悩

歌詞では、ある女性と深い関係になりたいが、なかなか気の利いたセリフを口にできず苦しむ男性を描いている。

二人きりの夜という折角のチャンスも、「愛してる(I Love You)」なんて馬鹿な言葉(Something stupid)で台無しにしてしまう。洒落たセリフを毎日練習してるのに、その時になるといつも出てくるのは「Something stupid like I love you」。

【試聴】恋のひとこと Somethin' Stupid