さくら(独唱) 森山直太朗

桜ソング・桜をテーマとしたJPOP

森山直太朗がブレイクするきっかけとなったセカンドシングル『さくら』。2003年にリリースされ、オリコン週間チャート3週連続1位、5月月間チャートでも1位を獲得するヒット曲となった。

実は、『さくら』がリリースされた直後はセールスは芳しくなかった。オリコンチャート初登場の時点で80位、5週目でようやくトップ10入り、首位を獲得したのはチャート登場9週目の事だった。

売上累計では120万枚を超えるミリオンセラーとなり、『さくら』は森山直太朗にとっても最大のヒット曲となっている。

曲名については、シングルCDのリリース時にトラック2で合唱版が収録されていたため、合唱版との区別を明確にするため、「さくら(独唱)」とトラック名がつけられていたようだが、それ以降も「独唱」の部分を含めてタイトルが紹介されることが少なくないようだ。

【試聴】森山直太朗 - さくら(独唱)