桜色舞うころ 中島美嘉

桜ソング・桜をテーマとしたJPOP

『桜色舞うころ』は、2005年にリリースされた中島美嘉(なかしま みか/1983-)の桜ソング。作詞・作曲は、300曲を超える応募作の中から選ばれたシンガーソングライターの川江美奈子。

桜色舞うころ 中島 美嘉(ダウンロード盤)

歌詞では、桜色、若葉色、枯葉色、雪化粧と、季節感・色彩感あふれるキーワードで春夏秋冬・四季折々の情景が描かれ、そこに移ろいゆく恋人達の心象風景を重ね合わせた切ないラブ・バラードとなっている。

シンガーソングライター川江美奈子とは?

作詞・作曲者の川江美奈子は、バークリー音楽大学卒の女性シンガーソングライター。中島美嘉『桜色舞うころ』がリリースされた2005年には、今井美樹への初の作品となる『愛の詩』を提供し、同曲はTBSドラマ「女系家族」主題歌として用いられた。

以後も『祈り』、『滴』、『ひとひら』など今井美樹に楽曲提供を続け、2008年と2010年の今井美樹コンサートではボーカルやオルガンなどでツアーに参加している。

【試聴】桜色舞うころ 中島美嘉