Yes, we can イエス・ウィー・キャン

ウィル・アイ・アム(Will.i.am/1975-)

『Yes, we can』は、アメリカ民主党のオバマ上院議員による演説をアレンジしたR&B風の曲。

作曲したのは、アメリカR&Bグループ Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピーズ)のメンバーであるウィル・アイ・アム。

生声CD付き [対訳] オバマ大統領就任演説

アメリカ大統領候補を決める予備選挙でのオバマ氏の演説に感動し、演説をそのまま曲にしようと思い立ったという。

友達に声をかけ、その友達の友達が集まり、実際の収録はたった2日で済んでしまったそうだ。

ウィル・アイ・アム(Will.i.am)ってどんな人?

ウィル・アイ・アム(Will.i.am/1975-)は、ブラック・アイド・ピーズのブレイン的存在。殆どの楽曲をウィルが作っており、またNASをはじめとした他のアーティストの楽曲も手がけるなどプロデューサーとしても活躍している。

ソロアルバムも2枚リリースしている。アフリカン・アメリカンのファッションリーダー的存在でもあり、ウィル自身のアパレル・ライン“アイ・アム・クロージング”を立ち上げている。

歌詞に出てくる「abolitionist(アボリショニスト)」って何?

abolitionist(アボリショニスト)とは、奴隷制度と奴隷貿易を終わらせようとする政治活動家のこと。彼らの活動は、19世紀のヨーロッパとアメリカ合衆国で特に盛んに行われた。

アメリカで最も有名なアボリショニストといえば、日本の童謡『ごんべさんの赤ちゃん』の「ごんべさん」に当たるジョン・ブラウンが思い出される。ジョン・ブラウンの活動は、アメリカ歌曲『リパブリック讃歌』誕生のきっかけの一つともなった。

ちなみに、黒人の悲哀を歌ったアメリカ歌曲としては、フォスター作曲の『懐かしきケンタッキーの我が家』、『主人は冷たい土の中に』などが有名。

【試聴】Yes, we can

歌詞(英語)・日本語訳(意訳)

(注:歌詞はオバマ氏の実際の演説を再構成したもの)

It was a creed written into the founding documents
that declared the destiny of a nation.

国家の行く末を宣言した建国文書
そこに記された信条がある

Yes we can.

It was whispered by slaves and abolitionists
as they blazed a trail
toward freedom through the darkest of nights.

それは黒人奴隷とアボリショニスト達が残した
暗闇に光る自由への軌跡

Yes we can.

It was sung by immigrants
as they struck out from distant shores
and pioneers who pushed westward
against an unforgiving wilderness.

歌い継いだのは
遠国からの移民達
厳しい荒野を切り開いた開拓者

Yes we can.

It was the call of workers who organized;
women who reached for the ballot;
a President who chose the moon as our new frontier;
and a King who took us to the mountaintop
and pointed the way to the Promised Land.

聞こえるだろうか
団結した労働者達の叫びが
選挙権を勝ち取った女性達の声が
月面を開拓した大統領の号令が
我らを約束の地へ導いたキング牧師の啓示が

Yes we can to justice and equality.
Yes we can to opportunity and prosperity.
Yes we can heal this nation.
Yes we can repair this world. Yes we can.

そうだ 我らは手にできるんだ
正義と平等を そしてチャンスと反映を
そうだ この国を正すんだ
そうだ この世界を変えるんだ

We know the battle ahead will be long,
but always remember that no
matter what obstacles stand in our way,
nothing can withstand the power
of millions of voices calling for change.

戦いはまだ先が長い
だが忘れるな
何が立ちふさがろうと
変化を求める無数の声には抗えないのだ

We have been told we cannot do this
by a chorus of cynics who will only grow louder
and more dissonant in the weeks to come.
We've been asked to pause for a reality check.
We've been warned against
offering the people of this nation false hope.

そんな変革は不可能だとの声がある
現実を見ろと
偽りの希望を抱かせるなと

But in the unlikely story that is America,
there has never been anything false about hope.

だがこのアメリカでは
希望が偽りなどということはありえないのだ

that the hopes of the little girl
who goes to a crumbling school in Dillon are
the same as the dreams of the boy
who learns on the streets of LA;

路上で暮らす少年の希望は
塾に通う裕福な少女の希望と何ら変わらない

we will remember that there is something happening in America;
that we are not as divided as our politics suggests;
that we are one people; we are one nation;

忘れるな 今アメリカで起きていることを
我らの間に壁は存在しない
我らは一つだ 一つの国家だ

and together, we will begin the next great chapter
in America's story with three words that will ring from coast to
coast; from sea to shining sea - Yes. We. Can.

アメリカの歴史の新たな1ページは
たった3つの言葉で始まる
それは大陸を横断し 輝く海へと響き渡るだろう

"Yes, we can."