ミザルー Misirlou

ディック・デイル(Dick Dale/1937-)

『ミザルー(Misirlou)』は、ギリシャのポピュラーソング。1927年頃にレベティコバンド「the Michalis Patrinos」によりギリシャのアテネで最初に演奏された。

ミザルー(Misirlou)とは「ムスリムのエジプト女性」の意。歌詞では同名の美しい女性が登場する。

ディック・デイル ベスト盤

元々はギリシャの伝統的なダンス曲だった?

当初はZeibekikoというギリシャの伝統的なダンスのために作曲され、現在のバージョンと比べてテンポも遅めでキーも異なっていた。このバージョンは1930年前後にアメリカでレコーディングされている。

1941年にはギリシャ系アメリカ人の音楽家Nick Roubanisがジャズのインストルメンタルにアレンジし、以来彼が作曲者とされている。

サーフ・ロックのパイオニアが注目

1960年代になると、サーフ・ロックのパイオニア的存在として名高いアメリカのギタリストDick Dale(ディック・デイル/デール)がソロギターにアレンジし、アメリカで広まった。

その後、ビーチボーイズが1963年のアルバム「Surfin' USA(サーフィンUSA)」にアレンジ版を収録。1994年にはDick Dale(ディック・デイル)版が映画「パルプ・フィクション(Pulp Fiction)」のテーマソングとして使われている。

【試聴】ミザルー Misirlou