リリー・マルレーン Lili Marleen

ドイツの歌謡曲・流行歌(1939年)

『リリー・マルレーン Lili Marleen』は、1939年にドイツの女優・歌手ララ・アンデルセン(Lale Andersen/1905-1972)(下写真)の歌でレコーディングされ、第二次世界大戦中の兵士らに愛聴され大流行したドイツの歌謡曲。

ドイツ軍のみならず連合国軍側の兵士らにも爆発的な人気となったため、イギリス軍司令部は『リリー・マルレーン』が流れるドイツ軍のラジオ放送を聴かせないよう慌てて指示したという。

大戦中の流行歌となった『リリー・マルレーン』だが、リリース当初から人気が出ていたわけではなかった。1939年の発売当時は数十枚しか売れず、売れ残りのレコードに埋もれて世の中から忘れ去られてしまう可能性すらあった。

しかしある時、運命の歯車が動き出す。前線のドイツ軍兵士を慰問するための担当将校が、兵士らに聞かせるレコードを選ぼうと、ベルリンはライプツィヒ街にあるレコード店を訪れた。

将校はレコード店主にまとまった金を渡し、慰問に用いるレコードを200枚、店主の自由な裁量で選ばせたという。

売れ残りのレコードを処分する絶好の機会とばかりに、店主は嬉々として売れ行きの悪いレコードを次々と選んで行った。その中の一曲に含まれていたのが、後の流行歌『リリー・マルレーン』だった。

話しによれば、『リリー・マルレーン』のレコードはどさくさに紛れて2枚も含まれていたという。そのうちの1枚が前線のラジオ放送局に持ち込まれ、後の爆発的ヒットにつながっていったということだ。

YouTube動画の視聴

歌詞(ドイツ語)/作詞:ハンス・ライプ(Hans Leip/1893–1983)

Vor der Kaserne
Vor dem großen Tor
Stand eine Laterne
Und steht sie noch davor
So woll'n wir uns da wieder seh'n
Bei der Laterne wollen wir steh'n
|: Wie einst Lili Marleen. :|

兵舎の大きな門の前に
街灯が立っていたね
今もあるのなら
そこでまた会おう
街灯のそば 僕らは一つ
リリー・マルレーン

Unsere beide Schatten
Sah'n wie einer aus
Daß wir so lieb uns hatten
Das sah man gleich daraus
Und alle Leute soll'n es seh'n
Wenn wir bei der Laterne steh'n
|: Wie einst Lili Marleen. :|

二人の影が重なり
一つに溶けていく
愛しあっていた僕ら
ひと目で分かるほどに
街灯のそば 僕らは一つ
リリー・マルレーン

関連ページ

ドイツの行進曲・愛国歌・軍歌
『旧友』、『パンツァーリート(戦車の歌)』、『ラインの守り』など、有名なドイツの行進曲・愛国歌・軍歌