スマイル Smile

ナット・キング・コール(Nat King Cole/1919–1965)

『スマイル(Smile)』は、1936年公開のチャップリンの映画「モダン・タイムズ(Modern Times)」のサウンドトラック。ラスト・シーンで感動的に用いられている。

数多くの音楽家によりカバーされているが、ナット・キング・コールが1954年にリリースしたカバー版が特に広く知られている。

チャップリンのすべて [DVD]

歌詞は、「つらくても苦しくても、きっと明日は見えてくる。君が笑顔でさえいれば。」といった内容。

映画「モダン・タイムズ(Modern Times)」とは?

映画「モダン・タイムズ(Modern Times)」は、1936年のアメリカ映画。チャーリー・チャップリンが監督・製作・脚本・作曲を担当したモノクロの喜劇映画。

資本主義社会で人間の尊厳が失われ、人が機械の一部分のようになっている世の中をシニカルな笑いで表現している。

本作は、チャップリンが初めてスクリーンで肉声を発した映画としても有名。酒場でインチキ外国語による“ティティーナ”を歌うシーンで、チャップリン自身の歌声を聴くことができる。

【試聴】スマイル Smile