千の風になって

ルーツはアメリカの詩「Do not stand at my grave and weep」

「私のお墓の前で泣かないでください」の歌い出しで知られる『千の風になって』は、アメリカ発祥の詩『Do not stand at my grave and weep』に、小説家の新井満が日本語での訳詩を付け自ら作曲した日本の歌。

朝日新聞の『天声人語』で掲載され話題となっていった。日本語のタイトルは、原詩の3行目『I am a thousand winds that blow』の邦訳から付けられた。

原曲のルーツは?

この詩のルーツについては諸説あるが、アメリカ合衆国メリーランド州ボルティモアの主婦メアリー・フライ(Mary Elizabeth Frye/1905-2004)の作とする説が最も有力。

母を亡くして落ち込んでいた友人マーガレットのために茶色の紙袋にしたためた。彼女の家族の友達が詩をはがきに印刷して人々に送り、広く知られるようになったとされている。 歌詞自体にも様々なバージョンが存在する。

「哀しみのソレアード」とメロディーがそっくり?

哀しみのソレアード」の邦題で知られるイタリア発のインストルメンタル「ソレアード(SOLEADO)」のメロディーが、この新井満作曲「千の風になって」のメロディーと非常に良く似ているとの声がブログ等で少なからず上がっているようだ。

「千の風になって」の歌詞は元々アメリカで広まっていた英語の歌詞の日本語訳だが、仮にメロディーもイタリア産の「ソレアード」が転用されていたとしたら、非常に国際色豊かな和洋折衷の邦楽ということになるだろうか(もはや邦楽ではない?)。

【試聴】千の風になって

【試聴】Do not stand at my grave and weep

歌詞・日本語訳(意訳)

Do not stand at my grave and weep
I am not there; I do not sleep.
I am a thousand winds that blow,
I am the diamond glints on snow,
I am the sun on ripened grain,
I am the gentle autumn rain.

私の墓の前で泣かないでほしい
私はそこにはいない 眠ってはいない
私はそよ吹く千の風
雪上のダイヤモンドの煌めき
穀物に降り注ぐ太陽
優しき秋の雨

When you awaken in the morning's hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circling flight.
I am the soft starlight at night.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.

朝の静寂の中 貴方が目覚める時は
私は天高く舞い上がり
空から静かに貴方を見守る
夜には星になって貴方を優しく照らす
私の墓の前で泣かないでほしい
私はそこにはいない
死んでなどいないのだから