見上げてごらん夜の星を

歌:坂本九/作詞:永六輔/作曲:いずみたく

『見上げてごらん夜の星を』は、1963年にリリースされた坂本九(さかもと・きゅう)の代表曲。同じく大ヒット曲『上を向いて歩こう』発表から2年後の楽曲であり、同年末のNHK紅白に3回目の出場を果たしている。

1985年の日本航空ジャンボジェット機123便墜落事故に巻き込まれ命を落とした坂本九。直後に放送されたフジテレビ系音楽番組「夜のヒットスタジオDELUXE」では、坂本九への追悼の意を込めて、森進一が『見上げてごらん夜の星を』を涙ながらに熱唱し、多くの視聴者・関係者らの涙を誘った。

その後も、桑田佳祐、夏川りみ、ゆず、秋川雅史、平井堅など、様々なジャンルから数多くのアーティストによってカバーされた『見上げてごらん夜の星を』。

2011年の東日本大震災後には、『上を向いて歩こう』と『見上げてごらん夜の星を』の2曲が復興に向けたサントリーCMソングに起用され、同社の様々な商品のCMに出演していた本木雅弘、宮沢りえ、中村獅童、竹内結子、小雪、堀北真希らが同曲をバトンリレー形式で静かに歌い上げた。

【試聴】見上げてごらん夜の星を