哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)
T'en Va Pas

エルザ・ランギーニ(Elsa Lunghini/1973-)

『T'en Va Pas(哀しみのアダージョ/悲しみのアダージョ)』は、フランスの歌手エルザによるフレンチポップ

1986年のリリース当時、母国フランスでは数週に渡ってチャート一位をキープし、130万枚のセールスを記録している。

歌手のエルザとは?

エルザ・ランギーニ(Elsa Lunghini/1973-)は、フランスのパリ生まれ。7歳で映画「Garde a vue」に初出演。

13歳の時(1986年)に出演した映画『悲しみのヴァイオリン(La femme de ma vie)』で、主題歌の『悲しみのアダージョ(T'en va pas)』を歌い、歌手デビューを果たした。

エルザ「哀しみのアダージョ」収録アルバム

日本では、1987年に原田知世(はらだ ともよ)が『彼と彼女のソネット』として日本語カバー。日本語歌詞は大貫 妙子(おおぬき たえこ)が担当し、自身のレパートリーにも加えている。

また、90年代後半にエドウィン(EDWIN)ソフトジーンズ『サムシング(SOMETHING)』のテレビCMで使用されていたことでも有名。

アダージョに関連する有名な曲は?

ちなみに、「アダージョ(Adagio)」とは、速度記号の一つで「ゆるやかに(演奏せよ)」の意。アダージョの有名な曲としては、アメリカの作曲家サミュエル・バーバーの『弦楽のためのアダージョ(バーバーのアダージョ)』、18世紀イタリアの作曲家トマゾ・アルビノーニによる『アルビノーニのアダージョ』などがある。

【試聴】エルザ 哀しみのアダージョ Elsa - T'en Vas Pas