恋は水色(恋はみずいろ)
L'Amour Est Bleu

ヴイッキー・レアンドロス(Vicky Leandros/1952-)

「恋は水色(L'Amour Est Bleu)」は、ギリシャ出身の歌手ヴイッキーによるフレンチポップス

1967年のユーロビジョン・ソング・コンテストでルクセンブルク代表として出場したヴィッキーが歌唱し、第4位を獲得した。

恋はみずいろ~ヴィッキー・ベスト・セレクション

ドイツ語を思わせる強烈な発音のフランス語で歌われ、すぐには人気が出なかったものの、1968年にポール・モーリアがイージーリスニング調に編曲して世界中に有名になった。

ヴィッキーってどんな歌手?

彼女の本名はヴイッキー・レアンドロス(Vicky Leandros/1952-)で、ギリシャ出身の歌手。卓越した歌唱力と六カ国語を使い分ける語学力によって、ヨーロッパやアメリカなどに活動範囲を広げた。

フランス語の歌が主体だが、日本にも1968~1972年にかけて数回来日し、日本人が作詞/作曲した歌を日本語で歌ってヒットさせている。ロシア歌曲「悲しき天使」もレパートリーとしている。

【試聴】ヴィッキー=レアンドロス L'AMOUR EST BLEU

【試聴】恋はみずいろ ポール・モーリア