カーマは気まぐれ
Karma Chameleon

カルチャー・クラブ/ディスコ・ミュージック 1980年代

『カーマは気まぐれ(Karma Chameleon)』は、カルチャー・クラブ (CULTURE CLUB)による1983年の大ヒット曲。「カーマカマカマカマ♪」のサビのコーラスは当時の日本でも大流行した。

カルチャー・クラブ (CULTURE CLUB)は、1980年代前半に活躍したイギリスのポップ・ミュージック・バンド。

ボーカルのボーイ・ジョージ(Boy George/1961-)は、奇抜な女装とソウルフルな歌声で世間を釘付けにした。親日家として知られ、プロモーションビデオには漢字を使用したディスプレイや日本女性が登場する。

クリスマスチャリティー "バンド・エイド"プロジェクトにも参加

1984年にイギリス・アイルランドのアーティストが一堂に集結して結成されたチャリティープロジェクト「バンド・エイド(Band Aid)」では、ボーイ・ジョージはボーカルとして参加している。

この「バンド・エイド(Band Aid)」プロジェクトにより生まれたクリスマスソング『Do They Know It's Christmas?(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)』は世界的に大ヒットを記録した。

この成功を受けて、翌年の1985年のアメリカでは同様のチャリティー・プロジェクト『USAフォー・アフリカ(USA for Africa)』が結成され、かの有名な『We Are The World(ウィ・アー・ザ・ワールド)』が誕生した。

【試聴】カルチャー・クラブ カーマは気まぐれ