ハロー・ミスター・モンキー Hello Mr. Monkey
アラベスク Arabesque

ディスコ・ミュージック/1970年代

『ハロー・ミスター・モンキー Hello Mr. Monkey』は、ドイツの女性音楽ユニット・アラベスク (Arabesque)による1977年リリースのデビューシングル(最大のヒット曲)。

アラベスク・コンプリート・シングル・コレクション(SHM-CD)

前年の1976年には同じくドイツで結成された音楽ユニット・ボニーMがヒットを記録しており、この流れに乗ろうと1977年にアラベスクが結成された。さらにその2年後には、同じくドイツから音楽グループ「ジンギスカン」が誕生することになる。

アラベスクのデビュー曲『ハロー・ミスター・モンキー』は1978年の日本で大ヒットを記録。その後のディスコブームの一大牽引役となったほか、ディスコ以外にも有線放送やラジオで全国へ広がり、日本の洋楽ブームの象徴的な楽曲となった。

ドラマ「西遊記」・ゴダイゴ「モンキーマジック」との関係は?

「モンキー」というキーワードから連想される他の有名な楽曲といえば、やはり1978年10月から翌年4月まで放送されたドラマ「西遊記」の主題歌、ゴダイゴ『モンキーマジック Monkey Magic』が思い出される。

「西遊記」は石から生まれた猿・孫悟空が天竺へ旅する冒険劇。その主題歌のタイトルに「モンキー」がつくのは自然な流れだが、あえてそのキーワードを曲名に用いるきっかけとしては、やはり1977年リリースのヒット曲、アラベスク『ハロー・ミスター・モンキー Hello Mr. Monkey』の存在があったに違いない。

西遊記ブームだった1977年の日本

アラベスク『ハロー・ミスター・モンキー』がヒットする一年前の1977年の日本では、ザ・ドリフターズ出演によるテレビ人形劇「飛べ!孫悟空」が人気を博していた。ドリフのメンバーを「西遊記」の登場人物にたとえ、メンバーそっくりの人形に各メンバーが声をあてた。

「ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンが 三蔵 ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニシンが 悟空 西へ向うぞ ニンニキニキニキニン♪」という主題歌・オープニングテーマ曲も人気となり、当時の日本は西遊記ブームに沸いていた。

予期せずサル・モンキーに対する素地が出来上がっていた日本において、センセーショナルなアラベスクのデビュー曲『ハロー・ミスター・モンキー』が熱狂的に受け入れられたのは、もはや自然な流れであったと言えるだろう。

【試聴】Arabesque - Hello Mr. Monkey