Happy Birthday
スティーヴィー・ワンダー

誕生日ソング・バースデーソング

『ハッピー・バースデイ Happy Birthday』は、1981年にリリースされたスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)のシングル曲。

誕生日ソング・バースデーソングの定番として、テレビ番組などで誕生日ケーキが登場するシーンなどでスポット的に流れる機会が多い。

歌詞を見ると、「Thanks to Martin Luther King ありがとうマーティン・ルーサー・キング」という人名が登場する。

これは言うまでもなく、「I Have a Dream」(私には夢がある)の有名なスピーチを行ったアメリカのキング牧師(Martin Luther King, Jr/1929-1968)を指している。

平等な社会を訴えたキング牧師

1963年8月28日のワシントン大行進において、キング牧師はリンカーン記念堂の前で、歴史的な演説「I Have a Dream(私には夢がある)」を行い、様々な人種が平等な社会の実現を訴えた。

キング牧師に象徴される公民権運動の高まりに、翌年の1964年7月にはアメリカで公民権法が制定され、法律上の平等が保障された。公民権運動に対する多大な貢献が評価され、キング牧師は1964年度のノーベル平和賞を受賞している。

キング牧師の誕生日を祝日に!

スティーヴィー・ワンダーの楽曲『ハッピー・バースデイ Happy Birthday』は、1968年に亡くなったキング牧師の誕生日である「1月15日」をアメリカの記念日(祝日)とする運動のキャンペーンソングとして作曲されたものであり、1981年のリリース後、祝日化への活動において実際に大々的に用いられた。

1983年11月3日、当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガンは、1月の第3月曜日を合衆国の祝日「Martin Luther King, Jr. Day マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」とする法案に署名。1986年1月20日がその最初の祝日となり、スティーヴィー・ワンダーをヘッドライナーとする大規模なコンサートが開催されている。

「Happy Birthday」収録 アルバム「Hotter Than July」

Amazon MP3 ダウンロード版はこちら

Happy Birthday - Hotter Than July

【試聴】Stevie Wonder - Happy Birthday