マリリン・モンロー誕生日ソング
Happy Birthday, Mr. President

誕生日ソング・バースデーソング

20世紀アメリカを代表する女優マリリン・モンロー(Marilyn Monroe/1926-1962)に関連する誕生日ソングと言えば、1962年に当時のジョン・F・ケネディ大統領に歌った『Happy Birthday, Mr. President』(ハッピーバースデー ミスタープレジデント)が有名。

1962年5月19日、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの45歳の誕生日を記念した祝賀会がニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。

【右カバー写真】
没後50年後に初公開されたモンロー自筆の未公開資料集「マリリン・モンロー魂のかけら」

二人のスキャンダラスな関係

当時、ケネディ大統領とマリリン・モンローとは大統領就任前から親密な関係がスキャンダルとして報じられていたが、就任後は政府高官らの諌言により二人の間に距離が取られるようになったという。

スキャンダラスな二人の関係にストップがかけられた直後の1962年5月19日、マリリン・モンローはケネディ大統領の誕生日パーティー(実際の誕生日は5月29日)に出席。ジャクリーン夫人はモンローが来ると知ってパーティーを欠席した。

艶めかしいドレス姿でバースデーソングを熱唱

ドレスは非常にタイトなデザイン・薄手の生地で、2,500個ものラインストーンが縫い付けられた煌びやかな外観、ドレスの下は何も身に着けていなかったという。

体のラインが露わになったセクシーなドレス姿でステージに上がったマリリン・モンローは、そこでケネディ大統領に捧げるバースデーソング『Happy Birthday, Mr. President』を艶めかしい声で歌い上げた。

周囲の忠告により終焉を迎えようとしていたケネディ大統領とマリリン・モンローとの関係は、最後に華々しい輝きを放ってアメリカ中の人々の心に焼き付けられた。

2か月半後 モンロー睡眠薬を大量服用 謀殺か

ケネディ大統領の誕生日パーティから約2か月半後の1962年8月5日、マリリン・モンローは自宅の寝室で全裸で亡くなっていた。睡眠薬の大量服用による自殺と報じられたが、今日では何者かによる謀殺説も有力に唱えられている。

モンローの葬儀が元夫ジョー・ディマジオが取り仕切り、亡骸は故郷ロサンゼルスのウエストウッド・メモリアルパークに埋葬された。彼女の墓にはディマジオの計らいで定期的に赤いバラ(アメリカン・ビューティー)が供えられ、現在もファンクラブなどのボランティアの手で献花が続けられている。

【試聴】マリリン・モンロー Happy Birthday, Mr. President