ビートルズ The Beatles - Birthday

誕生日ソング・バースデーソング

1960年代に活動したイギリスのロックバンド、ザ・ビートルズ(The Beatles)による誕生日ソングと言えば、1968年リリースの2枚組アルバム「ザ・ビートルズ」に収録された『Birthday (バースデイ)』。

2枚組アルバムの2枚目におけるオープニング・ナンバーとしてレコーディングされ、「Happy Birthday To You ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」に代わるバースデイ・ソングに、というポール・マッカートニーの思いが込められているという。

作詞・作曲からレコーディングまで、たった1日?!

マーク・ルウィソーン著「ビートルズ/レコーディング・セッション」(出版:シンコー・ミュージック)によれば、『Birthday』の製作期間は、作詞・作曲からレコーディングまでわずか1日という超短期間。ジョン・レノンも曲作りに貢献し、一部でヴォーカルを受け持つほか、小野洋子、パトリシア・ボイドがコーラスで参加している。

右ジャケット: 『Birthday (バースデイ)』収録 ザ・ビートルズ・ボックス

ビートルズが歌う『Happy Birthday To You』

ビートルズの誕生日ソングとしては、彼らがイギリスBBCのラジオ番組「Saturday Club サタデークラブ」に出演した際に歌った『Happy Birthday To You』がYouTube動画などで取り上げられる機会が多いようだ。

「Saturday Club サタデークラブ」はイギリスで1957年から1969年まで放送されていた人気ラジオ番組で、ビートルズは、恐らく1963年の番組5周年記念の際にこの『Happy Birthday To You』を歌ったと思われる。

実際、ビートルズが歌っている『Happy Birthday To You』の歌詞を注意深く聴いてみると、「Happy birthday dear Saturday Club」と、この歌をラジオ番組サタデークラブのために歌っていることがよく分かるだろう。

The Beatles - Birthday /The Beatles Box Set

【試聴】The BEATLES "Birthday" song LIVE

【試聴】ビートルズ 『Happy Birthday To You』 on BBC radio